申告所得税や法人税・贈与税・消費税などの国税をクレジットカードで支払う方法

2017年1月4日より国税がクレジットカード払いに対応しました。
国税クレジットカードお支払サイトはこちら

国税クレジットカードお支払サイトは納付受託者であるトヨタファイナンスが運営する国税のクレジットカード納付専用サイトです。

これまで所得税や法人税・贈与税などの国税は原則現金での支払いにしか対応していませんでした。

裏技的な方法としてはこちらでもご紹介しているnanacoでの支払いで間接的にクレジットカード払いにする方法があります。

ただnanacoで税金を支払う方法のデメリットとして、チャージの手間やチャージの制限、1回に支払える金額の制限などいろいろあります。

そのためにnanacoでの税金の支払いを諦めていた方には国税が直接クレジットカード払いに対応したことは朗報ですね。

では詳しく国税クレジットカードお支払サイトについてご紹介します。

国税クレジットカードお支払サイトで支払える税金の種類は?

国税クレジットカードお支払サイトで支払える税金

申告所得税及復興特別所得税 消費税及地方消費税 法人税
法人税(連結納税) 地方法人税 地方法人税(連結納税)
相続税 贈与税 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
源泉所得税(告知分) 申告所得税 復興特別法人税
復興特別法人税(連結納税) 消費税 酒税
たばこ税 たばこ税及たばこ特別税 石油税
石油石炭税 電源開発促進税 揮発油税及地方道路税
揮発油税及地方揮発油税 石油ガス税 航空機燃料税
登録免許税(告知分) 自動車重量税(告知分) 印紙税

個人で支払うものの税金としては、申告所得税及復興特別所得税・相続税・贈与税があります。

それ以外は会社を経営されている方に関係する税金の支払いのようですね。

私は個人事業主で、毎年確定申告をしているのですが所得税金額はnanacoのコンビニ払いでは1回で支払えない金額(25万円以上)です。

そのため所得税は納付書を複数枚に分けてnanaco払いしていました。

所得税が直接クレジットカード払いに対応したことで、1回の支払いで手間なく税金が支払えるので助かります。

対応しているクレジットカードとクレジットカード手数料

国税クレジットカードお支払サイトで支払いに使えるクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARDのマークが付いているものです。

ほぼすべてのクレジットカードに対応していると言ってもいいですね。

気になるのがクレジットカード払いの手数料です。

手数料は納付する金額に応じて異なり、最初の1万円までは82円(税込)、以後1万円を超えるごとに82円(税込)が加算されていきます。

納付税額 カード決済手数料(税込)
1円~10000円 82円
10,001円~20,000円 164円
20,001円~30,000円 246円
30,001円~40,000円 328円
40,001円~50,000円 410円
※以後、1万円を超えるごとに82円の手数料が加算されます。

決済手数料の計算方法

決済手数料は税抜価格(76円)で計算した後に消費税分を計算します。

50万円の税金の支払いの場合のカード決済手数料は
50×76円(税抜)×消費税(1.08)=4,104円

つまり50万円の税金の支払い手数料は4,104円となり、指定したクレジットカードから504,104円が請求されます。

最初から手数料を税込で計算すると数円の誤差が発生します。
(50×82円=4,100円で4円の誤差が発生)

国税クレジットカードお支払サイトはこちら

支払う税金に対して手数料は0.82%ですので、カードの還元率が1%以上であれば支払う手数料よりももらえるカードのポイントの方が多くなるのでお得です。

還元率1%で年会費無料のおすすめクレジットカード

クレジットカードは年会費無料のものから有料のものまでさまざまです。

年会費有料だからと言って還元率が高いというわけでもなく、年会費無料なのに有料クレジットカードよりも還元率の高いものはたくさんあります。

年会費無料のクレジットカードの中でも最も人気のあるクレジットカード3枚をご紹介します。

ヤフーカードの特徴

Yahoo! JAPANの公式クレジットカードです。

ヤフーカードはクレジットカード機能とTカード機能が一体化されたカードです。年会費無料でカード利用で1%分のTポイントがたまります。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用なら100円につき3Tポイントたまるのでヤフーユーザーなら絶対押さえておきたいカードです。

nanacoチャージでもポイントが付与されます。(nanacoチャージ200円につき1Tポイント)
またモバイルSuicaチャージでもポイントがつきます。

カード入会キャンペーンでは最大2分で4,000ポイントが付与されるので、Yahoo!ショッピングでのお買い物前にカードを申し込んで4,000円の値引きとして使うこともできます。

ヤフーカードでは年に数回ポイント2倍キャンペーンが行われますので、その時に税金の支払いができれば2%分のTポイントがためられます。

年会費 評価 備考
無料 評価5 全国際ブランドnanaocチャージ対応

リクルートカードの特徴

リクルートカードは年会費無料でありながら1.2%の高還元カードです。1,000円につき12リクルートポイントがたまります。リクルートが運営するポンパレモールやじゃらん、ホットペッパーなどで利用できます。またリクルートポイントからPontaポイントへは1ポイント=1円でリアルタイム交換が可能です。Pontaポイントはローソンやケンタッキー・GEO・昭和シェル・大戸屋・コジマなどさまざまなショップで利用可能です。nanacoチャージ・モバイルSuicaチャージでもポイントが付きますし、VISA・MasterCardならEdyチャージでもポイントが付く電子マネーに強いカードです。

年会費 評価 備考
無料 評価4 全ブランドnanacoチャージ可

楽天カードの特徴

CMでもおなじみの楽天カードです。
どこで使っても100円につき1楽天スーパーポイントがたまります。
Edyチャージに対応していていますが、Edyチャージでの還元率は0.5%です。
楽天市場でお買い物の際に楽天カードで支払うと3倍のポイントがたまるので、楽天市場ユーザーには最もおすすめのカードです。

年会費 評価 備考
無料 評価4 nanacoチャージでのポイントは対象外になりました


こちらでご紹介した年会費無料のクレジットカードなら還元率が1%または1.2%ですので、所得税などの国税をクレジットカードで支払ったとしてもカード決済手数料以上のポイントが獲得できますのでお得です。

少額の税金を支払うならnanacoでの支払いが手数料不要でお得です。

その場合にはnanacoチャージでもポイントがたまる上記カードからチャージしたnanacoで支払うようにすればいいでしょう。

nanacoでの税金の支払い方についてはこちらをご覧ください。

nanaco払い・クレジットカードの直接払いでもポイントがたまるので、税金の支払いが多い方にとってはクレジットカードでの支払いは大きなメリットがあるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です